激務でない薬剤部長求人

薬剤部長転職エージェントTOP >> 条件別 >> 激務でない薬剤部長求人

激務でない薬剤部長求人

薬剤部長が勤務できる場所はさまざまです。一般的には調剤薬局・ドラッグストア・病院などが挙げられますが、製薬会社や医薬品メーカーといった企業も薬剤部長が活躍できる場所になります。ですから、どこに勤務するかによって激務の度合いは異なるでしょう。調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社など、それぞれの職場環境や特徴などを知ることで、激務でない求人を見つけることができるはずです。ただ薬剤部長は、普通の薬剤師に比べると忙しくなります。それは薬剤師のトップに立つわけですから仕方がありませんが、薬剤部長の業務内容を知ることで激務を避けられることができるでしょう。

まず調剤薬局ですが、薬剤部長の役目は大きく2つに分けられます。1つ目は、”医薬品の在庫・品質管理”です。患者さんに安心・安全な医薬品を提供することを目的とする調剤薬局では、在庫切れがないように常時管理をしなければいけません。また、近隣の薬局に在庫切れがあった場合、融通できるように常に連絡を取り合います。2つ目は、”品質を一定に保つ””環境を整える”ことです。医薬品は、非常にデリケートなものですから、少しでも管理を怠ると湿度や温度で品質が変わってしまいます。この2つを、調剤薬局の薬剤部長がしっかり行います。さまざまなクレームに対応することもありますし、薬剤部長は薬剤師スタッフの教育や管理も欠かせませんから、多くの業務を抱えることになります。その結果、どうしても調剤薬局の薬剤部長は激務になりやすいと言われています。ただ店舗によって差があるのも事実です。

一方ドラッグストアの薬剤部長は、営業時間内は常駐が必須になります。ですから、遅くまで営業している店舗であれば閉店まで働くことになるでしょう。またドラッグストアの薬剤部長は、他の薬剤師スタッフ同様、商品の品出しやレジ業務、お客さんの対応も欠かせません。近年は調剤薬局が併設しているドラッグストアもありますから、どうしても激務になってしまうでしょう。

激務でない求人を探すなら、なるべく調剤薬局が併設しているドラッグストアは避けましょう。これは、先にも述べたように調剤薬局とドラッグストアがあることで医薬品だけでなく化粧品や健康食品、その他日用品なども管理することになるからです。もちろんすべての調剤施設併設型ドラッグストアが激務になるというわけではありませんが、医薬品のみを取り扱っている調剤薬局と比較するとどうしても激務が懸念されます。ですから、どうしても激務でない求人を探すなら、医薬品など専門的なものを扱っている場所を選びましょう。

薬剤部長求人多数!転職エージェントランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤部長に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.