残業が少ない薬剤部長求人

薬剤部長転職エージェントTOP >> 条件別 >> 残業が少ない薬剤部長求人

残業が少ない薬剤部長求人

忙しいと言われている薬剤部長ですが、残業が少ないところはあるのでしょうか?誰でも、『なるべくは残業が少ないところで働きたい』と思うでしょう。しかし薬剤部長の求人もさまざまですから、残業が多いところもあれば少ないところもあります。ですから、求人を探すときは残業の量にも注目してみると良いでしょう。

まず、薬剤師が働ける場所はいくつかあります。一般的には調剤薬局やドラッグストア、病院など。近年は調剤薬局が併設したドラッグストアも増えています。それ以外にも、製薬会社や医薬品メーカーといった企業も薬剤部長が活躍できる場所です。また地域や環境などによっても残業の有無は異なってきます。残業が少ない求人を探すなら、『どこに勤務したいのか』『勤務時間はどれくらいなのか』『店舗の規模』『取り扱っている商品』など細かいところまでチェックしてみてください。規模が大きくなると、営業終了後に勉強会や研修が入るところもあります。そういったところも考えながら求人を探すと、残業が少ないところを見つけられるかもしれません。

ちなみに、薬剤部長の平均的な残業時間は、月25時間程度。たとえば、週5日勤務だった場合、毎日約1時間の残業ということになります。これは、サラリーマンに比べると少ないほうになるでしょう。基本的に労働基準法で勤務時間が決まっているため、極端に残業をするところは違法になります。勤務時間は求人にも掲載されていますから、きちんと確認しておきましょう。週に何時間勤務することになるか、詳しく掲載しているところであれば安心です。

製薬会社や医薬品メーカーといった一般企業の薬剤部長の場合、調剤薬局やドラッグストアなどに比べると残業は少ないと言われています。製薬会社であれば、平均の残業時間は月10時間以内。もちろん地域や部署などによって変わってきます。ただ一般企業の場合、残業手当が出ないところが多いようです。大手企業でもきちんと支給している企業は少ないですから、それを考えると、たとえ残業が少なくても残業があって手当が付くところのほうが安心でしょう。

どうしても残業が気になるという方は、事前に店舗に足を運んでみるのもひとつの手段です。求人では分からないこともありますし、スタッフやお店の雰囲気も分かるので一石二鳥です。求人に書かれている残業時間と照らし合わせ、遅くまでスタッフが働いている場合、『残業が多い』『遅くまで働かされる可能性がある』と考えて良いでしょう。

薬剤部長求人多数!転職エージェントランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤部長に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.