高収入の薬剤部長求人

薬剤部長求人TOP >> 条件別 >> 高収入の薬剤部長求人

高収入の薬剤部長求人

『もっと上の薬剤師を目指したい』。そういった理由で薬剤部長を目指す方は少なくないでしょう。というのも、薬剤部長は、薬剤師のスキルアップの一種になるからです。薬剤師になりたてで薬剤部長になろうという方はいませんし、そもそも実務経験がなく薬剤部長になることはできません。だからこそ、転職で失敗したくないものです。特に収入面は気になるところでしょう。

まず、薬剤部長になるというだけで薬剤師よりも収入が高くなるのは事実です。極端に収入が上がるというわけではありませんが、平均が500万円〜600万円と言われていますから、決して低くはありません。地域や勤務先によっては年収600万円以上も夢ではないでしょう。ただ400万円の求人もありますから、探し方を間違えると失敗してしまいます。せっかく薬剤師からスキルアップするなら、高収入のところを狙うのがベストといえるでしょう。薬剤部長としての手当がつくかどうかもチェックしたいところです。

ただ、収入面だけ見て求人を探すと失敗してしまいます。確かに収入が良いことは重要ですが、それに加え待遇や福利厚生なども重要になります。どんなに年収が高くても、休暇休日が少なく残業が多い職場になると、続けるのが困難です。実際、薬剤部長はハードワークと言われていますし、自身の仕事をこなすだけでなく、薬剤師スタッフの管理や教育も必要ですから、そのうえ待遇や福利厚生が悪いとやりがいを感じられなくなってしまうでしょう。事実、残業時間に対し手当が割に合わないと不満を漏らす方も少なくありません。そんなことがないように、収入面以外の情報もしっかり確認しておきましょう。

ちなみに、薬剤部長は働く場所(調剤薬局・ドラッグストアなど)によっても収入が変動します。調剤薬局なら、年収550万円〜700万円程度。調剤薬局では2つの役割があり、医薬品の在庫・品質管理と部下の薬剤師スタッフの指導や管理です。ですから、働きやすい職場であることも重要になります。収入は良いほうですが、調剤薬局にもいろんなタイプがありますのでしっかり下調べしておきましょう。ドラッグストアは、調剤施設が併設しているところで働くことになります。ここでは年収600万円〜700万程度と、一般の調剤薬局より少し高く設定されています。ドラッグストアと併設していることもあり、店長という立場で業務を分担します。

その他、病院は500万円〜600万円程度、企業は400万円〜800万円程度になります。企業の場合は非常に幅広く、大手であればしっかり稼ぐことができます。

薬剤部長の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤部長求人ランキング【※人気No.1サイトはココだ!】 All Rights Reserved.