30代向けの薬剤部長求人

薬剤部長転職エージェントTOP >> 条件別 >> 30代向けの薬剤部長求人

30代向けの薬剤部長求人

一般的に、30代になると徐々に転職のチャンスが狭くなってきます。そのため、30代向けの薬剤部長求人は少ないのでは?と不安になる方が少なくないでしょう。しかし、心配する必要はありません。というのも、薬剤師は30代でも十分転職のチャンスがありますし、転職適齢期と言われているからです。キャリアアップを目指して転職を希望される方も少なくないでしょう。薬剤部長の求人を見ても、やはり30代向けが多数ありますから、『30代で転職は難しいのでは?』と不安になる必要はありません。

そもそも薬剤部長は、ある程度の経験と実績が求められます。求人を見てみると、『実務経験3年以上』と書かれていることがほとんどで、薬剤師として数年働き、しっかり経験を積んでいなければ薬剤部長になることは難しいからです。それくらい、多くの経験と知識、技術が求められる職種ですから、20代向けより30代向けの求人のほうが多いのでしょう。また年収も、30代から少しずつ上がっていきますから、薬剤部長を目指している方は、30代からが転職どきです。

ただ30代から転職する場合は、注意しなければいけない点がいくつかあります。まず、先にも述べたように『経験』『実績』『知識』『技術』です。この4つは必ずクリアしていなければいけないでしょう。経験や実績があるということは、必然的に知識や技術も身につきます。しかも薬剤部長という立場ですから、これらをクリアしていなければ薬剤師スタッフを教育・管理することはできません。もともと、30代からの転職は未経験の職種へは難易度が高いと言われています。実際、求人を見ても『経験者』と書かれています。薬剤師の場合、資格があれば年齢不問の求人も少なくありませんが、薬剤部長となると最低でも3年の実績は必要になるでしょう。だからこそ、キャリアアップのための転職が多いのです。

ちなみに、薬剤部長で求められるスキルは、先にも述べたように『薬剤師としての実務経験が3年以上』『薬局運営の管理能力がある』『薬事法・関係法規を理解している』『保険請求業務・医療事務に精通している』などが挙げられます。すべて備わっていれば薬剤部長として十分活躍できますが、最低でも3年以上の実務経験は必要といえるでしょう。

薬剤部長の求人といっても勤務先や規模などさまざまありますから、比較しながら探すのもポイントです。製薬会社や医薬品メーカーといった一般企業は、残業手当が支給されないところが多いと言われていますから、希望される方は注意してください。

薬剤部長求人多数!転職エージェントランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤部長に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.