薬剤部長の仕事内容

薬剤部長求人TOP >> 基礎 >> 薬剤部長の仕事内容

薬剤部長の仕事内容

薬剤部長の仕事は、管理職としての立場になるため、組織や店舗などの管理を任されることになります。管理する対象は、職場や仕事の内容によっても異なりますが、まず多いのは、スタッフとして勤務している薬剤師のマネジメントです。大手の調剤薬局や病院などでは、多くのスタッフが勤務しており、そのスタッフそれぞれに役割を与えて、最大の成果を上げられるようにしていくのが、薬剤部長の仕事になります。

また、スタッフの管理だけでなく、その組織として掲げられた目標に対して、どのように行動していくのかを計画立てて、組織でその計画を実行できるように働きかけていく役割も担います。そのためには、薬剤部長がリーダーシップを発揮し、スタッフの取りまとめと牽引役を担う必要があります。

また、ドラッグストアでの勤務の場合、経験を積んでいくと、店舗の調剤業務の運営を任されることになります。そして、さらに昇進すると、複数店舗の管理を行うようになり、スーパーバイザーなどと呼ばれる立場になります。薬剤部長は、そのスーパーバイザーを取りまとめる立場になり、関東や関西の各エリア等を統括して、スタッフと店舗を管理するという仕事になります。業績が伸びていない区域を数字から判断し、その改善を行ったり、より業績を上げていくにはどうすればよいか、ということを考えて、実行に移していきます。

研究職の立場での薬剤部長は、新薬や化粧品の開発という大目標が掲げられ、発売に向けて目標となる期限が定められ、その期限内に規定の水準まで効果が出るように研究をしていく、という流れで業務が行われますが、薬剤部長は、この各研究テーマがスムーズに進んでいるか、という管理を行っていきます。進捗が悪いテーマがあれば、どうすれば遅れを取り戻せるのか、他のスタッフなどの知識などを生かせないのか、などの解決策を探っていきます。マネジメントスキルと共に、非常に広い範囲での知識と経験が必要になります。

このように、薬剤部長の具体的な仕事内容は、各職場で異なりますが、各職場で共通するのは組織を管理して、最大の成果が上げられるように働きかけていくことです。大きなステージでの仕事ができるため、チャレンジのしがいもある仕事となります。薬剤部長は昇進していくことでもなれますが、転職サイトなどでも求人が募集されているので、検討している方は、転職で薬剤部長に就ける可能性も広がるため、チェックしてみるのもお勧めです。

薬剤部長の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤部長求人ランキング【※人気No.1サイトはココだ!】 All Rights Reserved.