薬剤部長に多い悩み

薬剤部長求人TOP >> 基礎 >> 薬剤部長に多い悩み

薬剤部長に多い悩み

薬剤部長とは、ひと言でいうと『管理薬剤師』のことをいいます。薬剤師スタッフを管理し、薬剤師に関するさまざまな知識を教えることが薬剤部長の役目になるでしょう。薬剤師のキャリアアップのひとつですから、当然自身の経験やスキルも高くなければいけません。

そんな薬剤部長に多い悩みが『多くのスタッフを管理しなければいけない』『精神的・肉体的にストレスを感じやすい』『業務が多い』などが挙げられます。薬剤部長は、薬剤師の上に立って指導・管理をするだけでなく、医療機関との交渉や調剤過誤対策のまとめ、スタッフ以外にもレセプトや薬局収支、医薬品の在庫、医薬品の有効性や安全性情報などの管理も行わなければいけません。そのため、精神的にも肉体的にもストレスを感じやすい人が多いと言われているのです。実際、薬剤部長に多い退職理由に『仕事が忙しい』『スタッフの指導が大変』『デスクワークが多い』などが挙げられます。薬剤部長は先にも述べたように薬剤師のスキルアップのひとつですから、多くの人は薬剤師としてもっと上を目指すために薬剤部長になっています。それなのに、薬剤師よりもハードワークで大変な仕事となると、悩みは尽きないでしょう。また、レセプトや提出書類の作成、薬局の収支管理などの業務を見ると、調剤業務が少なく薬剤師としてのやりがいを感じられないという悩みも少なくないようです。

このように、薬剤部長は必要以上に苦労することになり、退職率も高いと言われています。ですから、薬剤部長を目指す人は、どんな悩みを抱えているのか、その悩みを解消するにはどうしたら良いのか、しっかり考えておくことも大切です。要するに、安易な気持ちでは働けない職種でもあります。

しかしその分、たくさんのやりがいがあるのも事実です。なかには、調剤業務が少ないからとやりがいを感じられない人もいますが、多くの業務をこなすことでさまざまな知識を得ることができますし、さらなるスキルアップができるようになります。また指導したスタッフが成長する姿を見るのは嬉しいものです。収入も決して低くはなく、高収入とまではいきませんが、平均500万円〜600万円と十分な収入を得ることができます。また手当も1〜3万円のところが多いので安心です。ただ薬剤部長の求人もさまざまですから、給与や年収もそうですが、待遇や福利厚生が充実しているところを選びましょう。やりがいを感じ、働きやすい環境であることも必須です。

薬剤部長の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤部長求人ランキング【※人気No.1サイトはココだ!】 All Rights Reserved.