薬剤部長の職務経歴書

薬剤部長転職エージェントTOP >> 基礎 >> 薬剤部長の職務経歴書

薬剤部長の職務経歴書

職務経歴書とは、転職で重要になる書類です。履歴書とは異なる書類で、”これまでどんな仕事をしてきたのか”というのを示すことができます。薬剤部長は、薬剤師から転職される方が多いため履歴書とは別に職務経歴書も準備する必要があります。職務経歴書も採用に大きく関係してきますから、分かりやすく丁寧に、しっかり相手に伝わる内容を意識するようにしましょう。

ポイントは、3つ。まず、会社の要望に沿った内容で書きます。薬剤部長の勤務先はさまざまで、調剤薬局やドラッグストア、病院は当然ですが、企業で働く薬剤部長もいます。ですから、どの勤務先で働くかによって職務経歴書の内容も変わってくるのです。自分をアピールするものでも、会社とまったく関係のないことを書いても採用されません。そこに注意しながら書くようにしましょう。ちなみに、”どんな会社か”というのを事前に調べておくと安心です。会社の概要や運営方針などはホームページで確認できますのでチェックしておきましょう。

次に、”ここは特にアピールしたい!”という特別なことを書きます。薬剤部長ですから、一般的な内容を書いても意味がありません。薬剤師としてどんな経験をしてきたのか、どんな仕事を任されてきたのか、などを書くのも良いですが、薬剤部長ということを考えると”指導薬剤師の経験の有無””新卒の採用活動をやっていた”などが有利になるでしょう。もちろんこれらの経験が必須というわけではありませんが、薬剤部長は薬剤師スタッフを教育するのが主な仕事になりますから、指導薬剤師という経験は非常に有利になるでしょう。いかに薬剤部長に活かせる経験をアピールできるかというのが重要になります。

最後に、自分の長所です。薬剤部長は、薬剤師であり実務経験やOTC経験があればなれると言われています。何も、薬剤部長として特別資格が必要になるわけではありませんから、薬剤師としてスキルアップしたいのであれば十分目指すことができるでしょう。ですから、どんどん自分の長所をアピールしてください。”誰とでもすぐに打ち解けることができる””コミュニケーション能力には自信がある””周囲から明るいと言われる””細かい作業が好きで常に落ち着いて判断・行動ができる”など、積極的に書いていきましょう。ただ、長所はダラダラ書いてしまうとマイナスになります。簡潔に分かりやすく、”ここだけは伝えたい”ということをまとめて書くようにしてください。

薬剤部長求人多数!転職エージェントランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2018 薬剤部長に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.