薬剤部長と英語力

薬剤部長求人TOP >> 基礎 >> 薬剤部長と英語力

薬剤部長と英語力

薬剤部長に求められる英語力は、職場によっても異なってきます。調剤薬局やドラッグストアの場合は、基本的には英語スキルがそれほどなくても、就くことができます。海外と関わって仕事をすることがあまりない、というのが理由ですが、英語にかなり苦手意識を持っている方には、お勧めの職場と言えるでしょう。病院の薬剤部長も基本的には、病院勤務の薬剤師のマネジメント業務が主になるため、英会話スキルは特にそれほど高くなくても良い場合が多いです。英文を読みこなす力については、医療は海外の情報源を頼りにすることもあるため、必要になる場合もあります。

次に、英語力が必要になる職場としては、研究職が挙げられます。製薬メーカーは特に、海外に出向いて研究を行うこともありますし、こちらも英文を読みこなす機会も多くあります。そのため、英語スキルはできるだけ早く身に付けておくことをお勧めします。薬剤部長の場合、基本的な学力はベースとして持っている方が多いため、英語も一度、勉強を始めると、身に付けられる方は多いです。

また、本格的に英語が必要になるのは、外資系の製薬メーカーで仕事をする場合です。海外に本社があるため、本社とのやり取りは会話も基本英語になりますし、会議も英語で行われることになります。そのため、外資系の製薬メーカーの場合は、英語は完全にマスターしておきましょう。また、専門用語も多用されるため、ビジネスでも通用する高いレベルの英語スキルが必要になります。毎日強制的に英語に触れることになるため、最初は大変で、慣れが必要ですが、日々学んでいくことで、自然に身に付いて行くとも言えます。

薬剤師は医療分野の仕事で、海外が先端的な技術を持っていることも多い業界です。英語に触れる機会は今後、ますます増えますし、他の企業でも英語を社内の公用語として用いるという企業も出てきているため、薬剤部長として仕事をするにも、英語力は磨いておいて損はないスキルと言えるでしょう。逆に、英語を完全にマスターしている方は少ないため、豊富な経験の上に、さらに英語のスキルもあると、転職の際には有利になりやすいとも言えます。

現在、英語を身に付けていて、薬剤部長の転職を考えている方は、転職サイトでその英語力を生かせる転職先を探したり、英語力を生かせることをアピールすることで、英語力を活用できる仕事を紹介してもらえるというケースもあります。英語が苦手という方は、転職サイトで英語が重視されない求人も、まだ比較的多いため、探して応募するのもお勧めです。

薬剤部長の薬剤師求人多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤部長求人ランキング【※人気No.1サイトはココだ!】 All Rights Reserved.